四葉の庭

ただのオタクがグダグダと感想とか考察的なものとかを書き綴るだけのブログ

黄色い光と僕

というわけでLe☆S☆Caのお話です。

4thライブDAY1のディレイビューイングを観て大好きだったという事に気付かされて、それなのに生で観ることなく2人が居なくなってしまって、新しい2人を受け入れることが出来なかったらどうしようとBD買ったのにずっと観ることが出来ずにいた。そんな面倒な事になってしまったいた僕のLe☆S☆Caに対しての感情にようやく決着をつけられました。時間かけ過ぎなんだよな。

 

ファンミの後、意を決して5thのBDを見た時には、僕の知ってるLe☆S☆Caじゃないって気持ちが先行してしまって、受け入れる事も拒否する事も出来なくて。現地で観た時にどうなるかだなって答えを保留するしかありませんでした。

そして今回現地で観て出た答えが「やっぱり僕が大好きなのは昔のLe☆S☆Caで、でも今のLe☆S☆Caの事もそれなりに好き。」でした。

大好きなのは昔のLe☆S☆Caで、当時の曲はどうしたってあの2人と比べてしまってどうしても盛り上がることが出来なくて、YELLOWではペンラを黄色にして持っているのがやっとでした。

でもSUN SUN SUNでは速攻で振りコピするぐらいにはテンション上がって、初日の夏のビードロ☆シンフォニーのカバーも楽しんでいた自分がいて。ちゃんと今のLe☆S☆Caの事も好きになれてるんだなと思いました。まあずっとミツバチもひよこのうたも好きと言っていたからそりゃそうなのかもしれないんですけども。

 

とまあ完全に受け入れるでも拒否するでもない、なんとも中途半端なところが終着点でした。でもしょうがないじゃないですか、嫌いになんてなれるわけないし。

キャスト交代で1番不安もプレッシャーも感じてるのは演者さんだと思うから、ちゃんと会場が盛り上がって欲しいし、出来る事なら自分だって盛り上がりたい。でも昔のLe☆S☆Caの曲だけは無理なんですよ、呪いみたいなものでどうしようもない。「飛ぶよ」って言われても跳べないんです。

だから正直もう昔のLe☆S☆Caの曲は歌わないで欲しいなぁなんて思ってます。今のLe☆S☆Caもちゃんと好きになれているから、盛り上がりたいから。我儘過ぎるとは思いますが。

でも今回Le☆S☆Caがわざわざ夏のビードロ☆シンフォニーをカバーしたのってそういうことじゃないかなぁなんて勝手に思ってます。そうであって欲しいという願望がかなり入ってるけど。

 

そんなわけで今回初めてライブを現地で観てようやく感情の整理がついて、一歩踏み出せました。2年ちょっとかかっちゃったけど、この踏み出せなかった時間もそれだけLe☆S☆Caの事が好きなんだという証明のようなものなのかな、なんて都合よく考えることにします。

これまでの大好きは忘れずに、これからも好きを重ねて行きたいです。

 

それでは今回この辺で。

初めての夏

2週間前の話なんですけど、ナナスタライブに両日現地参加てきました。

前回ファンミに参加して、それが初のナナシス現場だったわけですが、ライブは今回が初なわけで、ナナシス好きになって5年ちょっと経ってようやく"ナナシスの夏"が僕にも来ました。いいですね、ナナシスの夏。最高。

 

茂木がナナシスを離れて初めてのライブ、どうなるのかという若干の不安があった訳ですが、杞憂でしたね。ナナシスナナシスでした。

初日にコドモ連合へのハルのセリフで不安消し飛んで、2日目はモモカのセリフで文字通り床になりました。連番者と2列前にいた身内に「モモカの声で横見たら(振り返ったら)オタクが本当に床になってたの異常な光景だった」と言われました。異常なオタクですまんかったと思う。(でもモモカの声で僕の方を向いたってそれはもうちょっとおかしくなってるの期待してません?)

 

曲でいうと、ファンミでたいくつりぼんとAOZORA TRAIN、ナナスタライブでPRIZM♪RIZMとオ・モ・イ アプローチを回収出来て、5年越しに参加したのに各ユニット初期曲を回収出来てるとかいう事態が発生したのがマジで死ぬ程嬉しかったですね。特にPRIZM♪RIZMはナナシスにハマるきっかけになった曲で、今でも1番好きな曲なのでもうテンションぶち上がりました。曲終わり思わず連番者に飛びかかるぐらいに。オタクがテンション上がると連番者に攻撃するの本当だったんだなぁと思いましたね。

あとコドモ連合とSOLの初披露を現地で観れて本当に良かった。可愛かった。ただコドーモ・デ・ヒーロを聴くとモモカのセリフ思い出して泣きそうになっちゃうんですけど、これなんとかなりませんか。

 

2週間経った今でも本当に楽しかったなぁとなる最高のライブでした。冬にはナナスタ2ndもあるし、来年には6+7+8thもあるしでワクワクしてます。自分はやっぱりナナシスってコンテンツが大好きなんだなぁと。

 

大好きすぎて拗らせてしまってる部分もあったのですが、今回のライブで自分の中でちゃんと答えも出すことが出来たなと思います。この話は次のブログで書くので、とりあえず今回はこの辺で。

5年越しの現地

今回はタイトル通り、好きになってから5年ちょっとかかってようやくナナシス現地へ行ってきたお話です。

 

2ndライブ以前から触れていて、曲もストーリーもいいじゃんって(何回か離れては戻ってを繰り返しながらも)追いかけていたのに、ライブ現地には一度も行ったことがなかったナナシス

そんなナナシスの現地にファンミーティングではありますがようやく、ようやく足を運べました。

 

映像ではあるけど、現地の音響で聴くナナシスの曲は思ってた通り良くて、席に恵まれてサンボンリボンのライブを、たいくつりぼんを2列目ほぼセンターで回収する事も出来て、最高のイベントでした。

あの3人のLe☆S☆Caの歌を現地の音響で聴けたのも良かった。ボロボロ泣いちゃって視界はずっと歪んでたけど。

 

日曜は瑠香さんのミュージカル行くし、鑑賞会なら1回行けば良いかなぁと思って、ミュージカルの後はプロセカのハーフアニバーサリー展行くかぁとファンミと被る時間で予約してたのに、ナナシスがずっと頭から離れなくて、結局ファンミに足を運びました。

自分にとってナナシスがどれだけ大きい存在なのか、心底好きなコンテンツなんだということを再認識しました。

 

7月のライブ楽しみだなぁ。

珍しく長文の感想

どうも四葉です。

アニメナナシスの感想、書きたいことが多すぎて纏まらず箇条書きのまま放置してたら3月が終わり4月になってました。円盤発売までにはなんとかします。多分。

そんなわけで(どんなわけで?)今回は地元(?)開催という事で、しっかりちゃっかり両日参加したシャニ3rd名古屋公演のお話をしたいと思います。

 

 

単独では初の現地参戦かつ自粛明け初の大型ライブとなった今回のライブ、めちゃくちゃに楽しかったです。

声が出せないのどうなんだろうなぁとか思ってましたが、よくよく考えたら元々声出したいって願望強いわけでもないので、動いてたらあんまり気にならなかったですね。

むしろ両隣が確定で空席なのでパーソナルスペース侵害されないし、動きやすいしで快適でした。

座席の位置は1日目がアソプレ先行でアリーナ、2日目がゲーム先行でスタンドでした。

 

1日目のアリーナは10列目58番で上手側の昇降機が真正面にくる最高の席でした。

表情まで良く見えるぐらい近い席だったので声出さないとか全く気にならなかったです。

だまゆめっちゃ楽しそうに軽やかに踊ってるし、八巻さんカッコ良すぎるし、さや姉は身体引き締まってるわ動きのキレエグいわ以上と髪の靡かせ方神だわで、声を出せる環境でも目を奪われて声出せなかったと思います。ありがとうアソビストア。

 

2日目のスタンドはDブロックとステージの真反対になるブロックだったんですけど、こっちはこっちで光の演出が良く見えたので1日目とはまた違った楽しみ方が出来ました。

アリーナで観た時も「光の演出すげ〜」とは思ってましたが、スタンドでみたら数段上の凄さでした。「席が遠かろうと会場来た人を楽しませる」そんな気合を(勝手に)感じてほとんどモニター見ないで会場全体見渡して楽しんでました。語彙力が足りなくてうまく表現できないけど、会場全体が曲の雰囲気に染められる感じというか、本当凄かった。

 

 

そんなわけで2日間とも楽しんだ訳なんですが、1日目と2日目では終演後の僕の心境が全くの別物だったんですよね。

もっと正確に言うなら「2日目のソロ以降」で全くの別物になりました。

 

僕を知ってる人ならご存知の通り、僕はここ1年ぐらいシャニから離れていたんですよね。

主な原因は2つで、1つが「ゲームに魅力を感じなくなってしまった」こと、もう1つが「他に夢中になれるものが出来た」ことです。

 

「ゲームに魅力を感じなくなってしまった」に関してはそれこそ1年以上前からなんですが、グレフェスに楽しさを見出せずプロデュースが「フェスアイドルの育成」ではなく「コミュを見る手段」になってしまったのが最大の要因です。

他にもイラストが初期と比べると劣化したように個人的に感じるとか、限定が連発されるとかあるんですけどね。

 

「他に夢中になれるものが出来た」に関してはバンナムフェスをきっかけにアイカツにハマり、そこから遠藤瑠香さんを知ったのが全てです。去年の9月以降、毎月何かしらで遠征してますが、大半が瑠香さんの出演する舞台を観る為です。

 

人が趣味に対して注げる熱量には限界があると僕は思ってるんです。ポケモン努力値みたいな感じで。

なので上記2つが複合して、シャニより熱量を注ぎたいものが出来た結果、シャニから離れてしまっていて、ソロ曲はタイトルすらわからない、ユニット曲も試聴で少し知ってる程度でした。

そんな状態だったので、1日目は完全に「プロデューサー」ではなく「ファン」として楽しんでいました。

 

しかし2日目、灯織と甜花のソロ曲でずっと眠っていた「プロデューサーとしての四葉」が突然叩き起こされました。

灯織はシャニのサービス開始前にビジュアルで一目惚れして事前登録で選んでいたアイドルで、甜花はサービス開始後にプロデュースをして担当になろうと決意したアイドルで。

そんな思い入れの強い2人のソロ曲の初披露を現地で回収してしまったわけです。

コレで叩き起こされなきゃもう一生寝たままです。

 

灯織ソロはタイトルから1枚目のpSSRの演出を思い出させられ、そこからさらにれいれいの感情のこもりまくった歌を聞かされてしまったんです。泣くなって方が難しいじゃないですかあんなの。

 

そして甜花ソロです。特大感情抱える事になりました。

ステージにはいつもアルストロメリアの3人で立っていて、ソロパートでは千雪と甘奈の2人に見守られながら歌っている。そんな彼女の姿しか僕は知りませんでした。

そんな彼女が、あの大きなステージに1人、ただ1人で立って歌っていました。

前述の通り僕が約1年離れていたことで、かつて担当していた子の成長した姿をみるような気分になってしまい、溢れる涙を止めることが出来ませんでした。

初披露で誰もが初めてみる姿のはずなのに、自分だけが知らない様な気がしてしまったんですよね。離れてたことで破壊力が増すとかそんなことあります?

 

そんなこんなで2日目の終演後には僕の心境が完全にファンからプロデューサーへと変化してました。やっぱライブって凄い。人の心を揺さぶる何かがある。

 

 

 

ちなみにこのライブ後の変わった心境の話を身内のオタクにしたら「手のひらギガドリルブレイク過ぎん?」なんて言われましたが、僕は手のひらなんて返し得だと思ってます。

意固地になるより素直に良かったと認めた方が人生楽しいじゃないですか。逆もまた然り。

 

それでは今回はこの辺で。

どうも四葉です。

いつのまにか2月が終わりそうになっていて時の流れに驚くばかりです。

 

さて皆様、2021年2月26日がなんの日かご存知でしょうか?

そうです「Tokyo 7th シスターズ 僕らは青空になる」の公開日です。

というわけで今回はこちらの感想のようなものを綴っていきます。

とは言ってもまだ公開初日なので、内容には触れない方向でいこうと思うのですが。

 

僕がナナシスというコンテンツを好きになってかれこれ5年以上経っていて、アニメ化なんて夢のまた夢のように思っていたので、感無量というほかありませんでした。

終始画面が滲んでました。

今まで幾度となく僕の背中を押してくれた彼女たちがそこに居ました。

ずっと、ずっと夢みてた景色がそこに広がっていました。

アプリで、静止画でみていたあの光が、輝きが、色を変えることなくあの劇場の大きなスクリーンに映し出されていました。

ナナシスを知っている人はもちろん、まだ知らない人も是非劇場に足を運んで観て欲しいです。

 

内容について触れたものももう少し時間が経ったら書こうと思います。

それでは今回はこの辺で。

 

〇〇初め

どうも、四葉です。

およそ2ヶ月ぶりかつ2021年初のブログ更新です。1月ももう後半戦に突入してるんですけどね。まあ平常運転です。

 

というわけで今回はブログ初め……というわけではなく、2021年初のイベントに行ってきたのでその感想のようなものです。

 

1月17日、瑠香さんの出演する舞台であるリバースヒストリカをマチネ・ソワレ共に現地で観劇してきました。

15日のソワレを配信で観劇したんですけど、やっぱ舞台は現地に限りますね。本当に。

配信が悪いわけではないんですけど、比べ物にならないくらい楽しかったです。

演者さんの迫力を生で感じることが出来るし、細かい仕草もよく見えるし、現地特有の空気を肌で感じられるし、良いことしかないです。

はやく気軽に行ける世の中に戻ってほしいですね、暫く無理だとは思いますけど。

 

ここから少し舞台の感想をば。

話の大筋は現世に呼び寄せられた戦国武将が登場人物に憑依してしまったのでなんとかして送り返そうとするって感じです。(アバウトすぎる)

 

まあまず何と言っても殺陣の迫力が凄かった。

マチネを1列目、ソワレを2列目で観劇することが出来たので本当に間近で観ることが出来たんで圧倒されっぱなしでした。

これは現地じゃないと味わえないし、現地でもなかなか味わえないものだと思うんで今回は運が良かったです。

また戦国武将が憑依してる状態なので元々の登場人物の性格とはかけ離れているんですけど、どの演者さんも表情や仕草で完全に別人になっているようにみえるんですよね。いややっぱプロって凄い。(小並感)

あと富田麻帆さん男性陣に混じって殺陣やってたけど全然迫力負けてなくて凄えってなりました。(深刻な語彙力不足)

 

また歴史の再解釈とでも言えばいいのか、コメディだけじゃなく真面目な部分もあって秀吉と光秀の絡みでは思わず泣きそうになっちゃったし、秀吉と中島兄妹のやりとりもくるものがありました。

 

あとは細かい部分で好きだったことなんですが、観てない人には何も伝わらないのでなんか言ってんなこいつって感じでスルーして下さい。

・中島が憑依されたフリした時に千夏に「お兄ちゃん?」って言われるとすぐに返事してしまうところとか、憑依された浜崎や大塚に遭遇した時に間にスッと入ってるところで妹のことが可愛くて好きなんだなぁってわかるし、千夏も千夏でラストの蘭丸との戦いの時心配してるしこの兄妹好きってなった。

・千夏が登ろうとするけど登れないとこ可愛くて好き。

・秀吉の憑依してる松浦がコブラツイストかけられた後謝る(?)時に背伸びしてた千夏可愛かった。

・綾川の口笛でサザエさんはズルい、気付いた瞬間から笑い止まらない。

・蘭丸の憑依した幸田の存在そのものがズルい、笑い製造機過ぎる。好き。

パッと思いついただけでこのぐらい、またDVDで観てちゃんと感想かきたい。頑張れ、未来の自分。

そんなわけで感想はこのぐらいで。

 

今回は土曜日が仕事だったり、情勢がまあ大変なことになってたりで日帰り遠征のイベ初めになったわけですが、死ぬほど楽しかったです。

オタクに会えなかったのがちょっと残念だけど、こんな時にイベ来るわけでもないのに出て来てもらうのも悪いしね。

 

まだまだ暫く大変な状況は続くだろうけど僕は、推しの出る舞台だったりイベントだったりが開催されるなら普通に遠征するだろうし、タイミング合うオタクは遊んでくれると嬉しいなぁなんて思います。

こんな状況だからこそ上手いこと楽しんだもん勝ちだと思ってるので。もちろん「対策をしっかりとした上で」ですが。

 

それでは今回はこの辺で。

 

幸せ

どうも四葉です。

また長いことブログを放置してしまいました、こまめに更新するなんてこと僕には出来ないみたいです。

 

そんな僕が今回なんで筆をとったのかというと、「2月以来、実に9ヶ月ぶりに遠藤瑠香さんとお話が出来るイベントへ行った今の感情を書き記しておきたかったから」です。

言ってしまえばメモ書きのような物でほぼほぼ全編ただの自分語りです。

※非常に長い上にかなり読みにくい文章になっています。公開しておいてなんですがあまり読む事をオススメしません。

 

結論から書くと、今まで23年間生きてきた中で1番幸せだなぁと感じました。

今までもオタクしてきて、「楽しいなぁ、幸せだなぁ。」って思うことはたくさんありましたけど、今回のは今までのものとは比にならないもので、これを多幸感と呼ぶのかなぁなんて思ったり。

今僕よりも幸せな人なんてこの世にいないとすら思えるぐらいです。無敵です。

 

何があったんだよって話だと思うんですが、順を追って書いていきます。

 

そもそも僕が瑠香さんを好きになったのはちょうど1年ぐらい前の事です。

バンナムフェスでアイカツに興味を持ち、アニメの履修を始め、筐体デビューを果たし、1ヶ月弱が経過した11月16日、アイカツ!ミュージックフェスタ2017のDay2公演の無料配信がありました。

この公演のSTART DASH SENSATIONを観たことがきっかけで瑠香さんを好きになって、情報調べて現場に行く機会を密かに伺っていました。

そして1月に瑠香さんの出演する舞台に足を運んで、そこで初めてお話をしました。緊張で頭が真っ白になって何喋っていいのか分からず軽くパニックになってしまったのですが、それを伝えたら「緊張しなくて大丈夫」と優しく言って貰えて、なんとか好きになったきっかけを話すことが出来て、嬉しいって喜んでもらえた事を今でもはっきりと覚えています。

 

そんな初めてのお話の最後に「また会いに来ます!」って宣言したんですよ僕。

しかし翌日以降は予定があって同じ舞台には行けないことが確定していたわけで、そうなると次の舞台に行くのが現実的な訳ですが、次の舞台の日程がデレ大阪と被っていて、僕は1日目のチケットを握っていました。

連番者も決まっていたので流石にチケを捨てるわけには行かない、しかし会いに行くと宣言をしたし何より自分がまた会いたい気持ちしかなかった。

答えはひとつしかありませんでした、土日で大阪と東京、両方に行けばいいんです。簡単ですね。

 

そんなこんなで2度目となる瑠香さんの出演する舞台の観劇しお話をしたのが2月の事です。

この時は1つどうしてもこなしたいことがありました。それは正しい名前でサインを貰うことです。

初めてお話をした時、緊張しすぎてサインして貰ったチェキをその場で確認しておらず、電車を待っている際にチェキを見て名前が「四ツ葉」になっているのに気付きました。

深刻な問題ではありませんがやっぱり正しい名前を書いてもらいたいじゃないですか。

そもそもはちゃんとその場で確認してなかった僕が悪いですし、アイカツきっかけだって話をしてたらそりゃカタカナの「ツ」が入る方書かれるよって話なんですが。

 

まあでも1回行っただけで覚えられてるわけないだろうし、今回はちゃんとその場で見ようってぐらいの気持ちで行ったわけです。

舞台も瑠香さんが主演だったので出番も非常に多くとても楽しい時間を過ごして、終演後いよいよ2度目のお話をしに行きました。

相変わらずめちゃくちゃ緊張しながら順番待ちをして、いよいよ自分の番になって名乗ったら、「よつばさん!また来てくれたんだ!」なんてことを言われてしまったんです。

まさか覚えられてるなんて思ってもなかったので驚きと喜びとで軽くパニックになりかけましたが、なんとか名前の訂正と舞台の感想を話す事が出来ました。

訂正した際も「あんな話されたらこっちだと思うよ〜」と言われて、話した内容も覚えててくれているなんてと内心めちゃくちゃ驚きました。

この時はユニパレDXや4月以降予定されていた舞台が中止になるなんて(この世の誰もが)思ってもいなかったので、「来月のライブや4月の舞台、行くので楽しみにしてます!」と言ってお話は終わりました。

 

しかしまあコロナの影響で9月までイベント自体消え去ってしまい、イベントはあってもお話は出来ない状況になってしまったわけですね。

 

そんな中でつい先日、冒頭でも書いたように実に9ヶ月ぶりにお話をする機会がやってきました。

マスクとフェイスガードの着用、パーテーションの設置、消毒や換気の徹底など、ありとあらゆる対策を行なった上でお話をする機会を設けてくださった運営さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当に久しぶりのお話、話したい事は山ほどあるけど何から話したらいいのか、そんなことをずっと考えていたのですが、いざ当日となるともう緊張でそれどころではありませんでした。

初めて会った時と同じかそれ以上に緊張して、話すこともまとまらないまま自分の番が来てしまいました。

9ヶ月ぶりの最初のお話で何を喋ったのかは全く思い出せないのですが、この時僕は名乗るのを忘れていました。緊張で完全に飛んでしまっていたんですね。

名乗っていないことにも気付かずお話をしていて、終盤で「四葉さんであってるよね?」と聞かれたんです。名前を聞かれるのではなく確認をされたのです。

何が起こっているのか全く理解できませんでした。

まず名乗り忘れていた事にそこで気付いて何をやってしまったんだと慌てるし、その上名乗ってないのに何故か自分の名前を呼ばれたのです。

2回しか会ったことがないのに、マスクもフェイスガードもしていたのに、間違いなく僕の名前を瑠香さんが呼んでくれたのです。もうパニック状態です。

会えなかった期間もリプやらグッズの購入やらしていたとはいえ、顔を見せたのはたった2回、それも最後に会ったのは9ヶ月も前なのに顔を覚えてくれていたんです。そんな嬉しいことがあるでしょうか?

2回目のお話の時みたいに名乗って覚えられてるってなるぐらいを想定していたので、もう嬉しすぎて死ぬかと思いました。

この後もう一周したのですが何を喋ったか全く覚えていませんし、これ以上はちょっと耐えられない無理だって離脱してしまいました。

 

一旦時間を空けて落ち着いて、オタクと合流して喋って感情の整理もつけられたので、その日の夜公演と翌日の昼公演の後のお話では沢山話したいことを話すことが出来ました。

観劇中にとっていたアクションに対して反応して貰えた事を話したり、正解してるのを凄いなぁって思ったって言って貰えたり、本当に幸せな時間を過ごせました。

 

別に認知を貰うことが全てではないと思います。それでも覚えられていて、同じ空間にいた事をお話で強く実感が出来た今回のイベントは僕が今まで経験してきたものでは得ることのできなかった楽しさを、幸せを感じました。

1日以上経った今も、思い出して幸せな時間だったなぁと余韻が続いていて、これが多幸感っていうのかなぁなんて思います。

 

およそ1年前、瑠香さんを好きになった自分に感謝したいし、アホみたいなスケジュールでも瑠香さんに会いに行く決意をして実行した自分を褒めてあげたい。そんなふうに強く思いました。

終わってみれば、話したい事はまだまだ沢山あったなぁと思うので、また次の機会があると信じて、これからもずっと瑠香さんを応援していきたい、ついていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

最後にこんな自分語りをここまで読んでくれた心優しい人へ御礼を言わせてください、ありがとうございました。

 

それでは今回はこの辺で。